フィットネスQ&A

風邪のときはトレーニングをどうしたら良いのでしょうか?

q風邪のときはトレーニングをどうしたら良いのでしょうか?

a4軽い風邪や咽頭炎(いんとうえん)を除いて、トレーニングを中止するのが原則です。
練習すれば治るというように思っている人もいるようですが、風邪にかかっているときにトレーニングを行うことは、精神的な満足感を得るだけのものです。
風邪にかかると酸素交換を行う肺の機能に障害をきたし、呼吸機能は低下し、軽い運動でも心拍数が増大し、心肺機能にも影響を与えます。
また、ふしぶしが痛むこともあるように、筋肉や関節にも大きな影響が及びます。
トレーニングの中止の目安としては、①発熱 ②強い全身の倦怠感 ③強い頭痛 ④強い咽頭炎が上げられます。

関連記事

  1. 筋肥大を目的とした場合、どのような筋力トレーニングの方が良いので…
  2. NSCAに受かろうと思って勉強をはじめましたが、運動処方でわから…
  3. 前腕部や上腕部の筋肥大を図るため、筋力トレーニングをしているので…
  4. キネシオロジーってなんですか?
  5. たんぱく質を多量にとっているボディビルダーが水分を多く取らなけれ…
  6. 運動中の水分の取り方について教えてください
  7. 筋肉のつき方に左右差があるのですが大丈夫でしょうか?
  8. メタボなお腹を引っ込めるにはどうしたら良いですか?

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。

KindleBookになりました。

運営者情報

当サイトの編集長の佐藤です。
フィットネスクラブ、体育施設、大学などでトレーナーとして18年間活動してましたが、約8年前に現在の会社に就職し、現在は都内にある接骨院でカイロプラクターとして働いています。
PAGE TOP