フィットネスQ&A

オーバー・トレーニングの症状と対策を教えてください。

qオーバー・トレーニングの症状と対策を教えてください。

a4オーバー・トレーニングとはトレーニングによる疲労の回復が正常になされない状態のことをいい、その症状は大きく分けて、交感神経タイプと副交感神経タイプの2種類があります。
オーバー・トレーニングによる症状は、数週間の短いものから年単位に及ぶものまであり、その症状は様々です。
また風邪をひきやすいなどの症状がある場合はオーバー・トレーニングを疑う必要があります。
原因不明の競技力の低下を感じたなら、早期にオーバー・トレーニングを疑い、専門医にかかる必要があります。

関連記事

  1. ストレッチ(スタテック)を行うときの秘訣を教えてください。
  2. 腸腰筋を鍛える種目を教えていただきたいのですが。
  3. 有酸素運動の前後に体脂肪を測ったのですが、有酸素運動の前では約2…
  4. ゴムチューブを利用した大臀筋を鍛える方法を紹介してほしいのですが…
  5. ここ最近、上腕三頭筋と腹筋のトレーニングをしても筋肉痛を感じなく…
  6. 除脂肪体重とはなんですか?
  7. 腰痛の慢性障害と中年男性(少し太りぎみ、座位の姿勢が多い仕事をし…
  8. 女性がウエイトトレーニングを行うと筋肉がゴツゴツしませんか?

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。

KindleBookになりました。

運営者情報

当サイトの編集長の佐藤です。
フィットネスクラブ、体育施設、大学などでトレーナーとして18年間活動してましたが、約8年前に現在の会社に就職し、現在は都内にある接骨院でカイロプラクターとして働いています。
PAGE TOP