フィットネスQ&A

夜に食事をするときには、どんなことに気をつければ良いのでしょうか?

q夜に食事をするときには、どんなことに気をつければ良いのでしょうか?

a4その前に少し自律神経についてお話をしたいと思います。
自律神経には交感神経と副交感神経があります。
この二つの神経は拮抗的に調整され、普通、交感神経が優勢になると副交感神経の働きは弱くなります。(食事直後に運動を行ったりすると、交感神経と副交感神経の働きがいっぺんに活発になってしまいます。その結果、自律神経のバランスが崩れ、気分が悪くなってしまうことがあります)
一般に日中は交感神経が優勢になりますが、夜間になると副交感神経が優勢になります。
夜間になるとアクビが出て眠くなるのは副交感神経の働きが活発になるからです。(夜間は副交感神経が自然と働き、脳の活動が低下するからです)
このように夜間は、副交感神経系が優勢になり、エネルギー消費量が少なくなってしまう時間帯だといえます。
この時発生した余剰エネルギーは脂肪細胞に蓄えられやすいので、もし、9時以降に食事を摂るのであれば、消化が良いもの(スープや雑炊類、野菜など)、低カロリーなもの、を摂った方が良いでしょう。
当然、消化の悪い揚げ物や味の濃いものは極力避けてください。

関連記事

  1. 運動は一日にどのくらい行うのがいいのでしょうか?
  2. ウエイトトレーニングの時の呼吸は鼻で呼吸するのでしょうか。それと…
  3. バック・エクステンションを行っているときに、あまり反らすと良くな…
  4. 同じ食事を摂取していても、太りやすい人と太りにくい人に分かれます…
  5. NSCAに受かろうと思って勉強をはじめましたが、運動処方でわから…
  6. ストラップってどんな目的で使用するのですか?
  7. 筋肉痛はなぜ起こるのですか?
  8. O脚についてお聞ききしたいのですが....

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。

Kindle Bookになりました(今なら無料)

運営者情報

当サイトの編集長の佐藤です。
フィットネスクラブ、体育施設、大学などでトレーナーとして18年間活動してましたが、約8年前に現在の会社に就職し、現在は都内にある接骨院でカイロプラクターとして働いています。
PAGE TOP