フィットネスQ&A

前腕部や上腕部の筋肥大を図るため、筋力トレーニングをしているのですが、肘や前腕部に激痛が走り、筋肉痛になるまでおいこむことができません。それでも激痛をこらえてトレーニングをしたほうが良いのでしょうか。

q前腕部や上腕部の筋肥大を図るため、筋力トレーニングをしているのですが、肘や前腕部に激痛が走り、筋肉痛になるまでおいこむことができません。それでも激痛をこらえてトレーニングをしたほうが良いのでしょうか。

a4何が原因で激痛になってしまっているのかは文章から判断することはできませんが激痛をこらえてトレーニングを行うのはさすがにまずいと思います。
筋肥大を促す為にはある程度痛みは伴うものですが、それは乳酸の蓄積と筋繊維に出来る小さな傷によるものです。感じ方は人それぞれでしょうが、いわゆる激痛ではありません。(なかにはそれを激痛と感じる人もいるかもしれませんが…)
ひょっとしたら実施種目の中にあなたにとってストレスのかかりやすい種目があるのかもしれませんね特定のエクササイズを行うと急に痛むということはないですか?
もし、そういった種目があるのならそのエクササイズは避けた方が良いと思いますよ。
それと運動後には痛みが発生する箇所をしっかりアイシングしてあげてくださいね。

関連記事

  1. 筋肉のつき方に左右差があるのですが大丈夫でしょうか?
  2. 筋トレはダイエットに効果がありますか?
  3. 筋肥大を目的とした場合、どのような筋力トレーニングの方が良いので…
  4. ストレッチ(スタテック)を行うときの秘訣を教えてください。
  5. リフティングベルトを使いすぎてはいけないといわれたのですが、実際…
  6. ダイエットしても体重があまり減りません。
  7. サッカーのシュート力を強化するには、もも裏の筋肉を鍛えればいいと…
  8. 運動直前の食事はよくないといいますが、どのくらい前に食べればいい…

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。

KindleBookになりました。

運営者情報

当サイトの編集長の佐藤です。
フィットネスクラブ、体育施設、大学などでトレーナーとして18年間活動してましたが、約8年前に現在の会社に就職し、現在は都内にある接骨院でカイロプラクターとして働いています。
PAGE TOP