フィットネスかわら版

急性心不全の原因

心筋障害、あるいは狭心症(きょうしんしょう)、心筋梗塞(しんきんこうそく)というものが特にあるわけでもないのに、突然心臓が停止してしまうということがあります。
これはいわゆる『急性心不全』と呼ばれるもので、心臓が止まった原因は不明で、とにかく心臓が止まったという事実しか判らないというものです。
しかし、近年、医療の発展と伴に心不全を起こす原因が少しずつ明らかになってきました。

※ 心不全とは、病名ではなく、「心臓の働きが不十分な結果、起きた体の状態」をいいます。

タバコの吸いすぎには要注意!

筋肉の温度(深部筋温)が上昇するとその熱を体外に放出するために汗をかきます。
汗が出るというのは汗腺が活動するからですが、この汗腺が活動するには、汗腺の周りの血管を拡げなければなりません。
その時に血管を拡張する働きをするのが『キニン』と呼ばれる物質です。
運動を行うとこのキニンが汗腺の周りにしみ出てくるので血管が拡張され汗が外に出されるのです。
その後、キニンを含む血液は静脈を通って一端心臓に戻ります。
さらにキニンは肺動脈を通って肺内に入るとその役割を終え、そこで破壊される仕組みになっています。
しかし、もしここでキニンが破壊されなかったとしたら、動脈に入ったキニンが動脈や細かい血管(毛細血管)を拡張させてしまい、急激な血圧低下(ショック状態)を招いてしまうのです。
普通はそうならないようになっているのですが日常よくタバコを吸われている方はこの限りではないようです。
ご存知のとおりタバコというのは『ニコチン』『タール』などに代表される有害物質を実に数百種含んでいて、これらの有害物質は肺機能を著しく低下させてしまいます。
つまり、喫煙者ほど肺内でキニンをうまく破壊できなくなってしまっている可能性が高いのです。(喫煙により肺機能が低下してしまっているからです)
結果、相当量のキニンが動脈や毛細血管に流れ込んでしまうことになるので、血圧は急激に低下し、最悪の場合、死につながることもあるのです。
以前、実際に喫煙によってどの程度血圧が下がるのかという実験を試みた運動生理学博士がいました。
内容は以下のとおりです。
『タバコを普段吸っている10名の被験者に固定式の自転車を10分程度こいでもらい血圧を測定する』
実験結果によると10名中、実に9名までが血圧が低下してしまったそうです。
なかでも被験者の一人、Aさんは実験開始当初の最大血圧が126mmhg、実験終了直後は150mmhgあったのですが、実験終了5分後には最大血圧がいっきに62mmhgまで下がってしまったのです。
手術中、最大血圧が70mmhgを切ったら大騒ぎになるのでこの血圧がどのくらい危険かというのはお解かりになると思います。

遊離脂肪酸が血液中に増えすぎてしまうと...

今度は血液中に脂肪(遊離脂肪酸)が増えすぎると心不全になる可能性があるという話しをしたいと思います。
血液中に遊離している脂肪を遊離脂肪酸(FFA)といって、これはエアロバイクなどを用いて行う有酸素運動を長時間行うことにより血液中に多量に生じます。
遊離脂肪酸は心臓のエネルギー源の三分の二を占めているといわれるくらい重要なエネルギー源です。
しかし、この遊離脂肪酸は心臓の状態が悪いときには心筋毒となってしまい心臓を止めてしまうことがあるのです。
ある医師の著書には『血液中の遊離脂肪酸は多ければ多いほどショック死を引き起こす可能性がある』と書かれています。
更に『その可能性は中高年者ほど高くなる傾向にある』とも書かれています。
それではなぜ、中高年の方がショック死を起こしやすくなってしまうのでしょうか?
そこには青壮年者と中高年者の『遊離脂肪酸分解能力』の差が深く関与しているようです。(遊離脂肪酸分解能力とは文字通り血液中内に発生した脂肪酸を分解する能力のこと)
一般に高齢者になればなるほど遊離脂肪酸分解能力は低下するといわれています。
遊離脂肪酸分解能力が低下してしまうと血液中内に発生した遊離脂肪酸をうまく分解することができなくなってしまうので、結果的にそれが心筋毒となって心臓を止めてしまう可能性があるのです。

その他の原因について

心不全をきたす原因は一つや二つではありません。
心筋梗塞や心臓弁膜症など、あらゆる心臓病はもちろん、高血圧、風邪、過労、ストレスなどでも心不全の原因となります。
心不全は現在、欧米ではトップの頻度の疾患で、1,000人当たり7.2人とされています。
生活習慣の欧米化が進む日本でも、ほぼ同程度に迫っていると思われます。
このうちの約50%が、狭心症や心筋梗塞が原因となっているのです。

関連記事

  1. 漸進性の原則
  2. 減量成功のカギ
  3. アルコールと運動
  4. 肩関節周囲炎の症状と原因 その2
  5. ストレスと有酸素運動
  6. 基礎体力の重要性
  7. 健康改善には有酸素運動が望ましい
  8. 基礎代謝を上げ、太りにくく痩せやすいカラダをつくろう!

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。

運営者情報

当サイトの編集長の佐藤です。
フィットネスクラブ、体育施設、大学などでトレーナーとして18年間活動してましたが、約8年前に現在の会社に就職し、現在は都内にある接骨院でカイロプラクターとして働いています。
PAGE TOP