フィットネスかわら版

柔軟性向上を目的とした体前屈の必要性の有無

私は運動指導を行う前にクライアントの方に『あなたは身体が固い方ではないですか?』と質問することがあります。(勿論、根拠があってのことですが)
その問いに対して『私は柔軟性には自信があります!』と豪語する方がいます。
ところが実際に柔軟性を調べてみると本人が自覚しているほど身体が柔らかくないことがよくあります。

『柔軟性に自信がある!』という根拠はどうやら体前屈(立位、長座)ができる(床に手がつく、指先で足先がつかめる)ということにあるようです。
しかしながら体前屈ができる(床に手がつく、指先で足先がつかめる)からと言って必ずしも筋に柔軟性があるとは言えず、また、筋や骨の構造、機能面などに問題がないとはいうことはできません。
体前屈はしばしば柔軟性を測定することに用いられますが、1999年に立位体前屈は長座体前屈に変更となりました。(文科省の体力テスト)
立位体前屈が長座体前屈になった理由は、安全面、効果面に問題があるからなのですが長座体前屈にも問題がないとも言えません。

脊柱の構造

脊柱は椎骨と呼ばれる立方状の骨がいくつも連なってできています。
ご存知の方も多いとは思いますが椎骨と椎骨の間には椎間板と呼ばれる軟骨組織があり、これが脊柱の屈曲(前屈)、過伸展(上体反らし)、側屈(体を真横に倒す)などを可能にし、また脊柱にかかる負担(走る、ジャンプするといった着地衝撃)を軽減させる役割も持っています。

脊柱の構造

脊柱の構造

脊柱そのものは椎骨が重なってできているだけなので椎骨同士が前後左右にずれる危険性があります。
このズレを防止するのに一役かっているのが靭帯です。
靭帯は骨と骨のズレを抑制する役割を果たしていて、靭帯にひとたび問題が生じると様々な障害を引き起こす可能性があります。
一般に良く知られているのが『足首の捻挫グセ』です。
一度、ひどい捻挫をしてしまうことで、それに伴い靭帯が切れたり、靭帯を伸ばしきったりしてしまうので骨の正常位置が保てなくなります。さらに捻挫を繰り返し続けることで、関節の障害や骨折などにつながることもあります。

後縦靭帯の役割

後縦靭帯

後縦靭帯

脊柱には多くの靭帯がありますが今回はその中でも後縦靭帯をクローズアップします。
後縦靭帯は椎骨の前方へのズレを抑制する代表的な靭帯です。
体幹を深く前屈させたり、勢いよく前屈させる動作を繰り返し続けることで後縦靭帯が緩くなってしまい、靭帯としての本来の役割を果たすことが出来なくなってしまいます。
やがて椎骨が前方へズレるようになってきてしまい、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、腰椎のすべり症などといった腰にまつわる障害を引き起こしやすくなります。
立位であれ長座であれ体前屈を行ったときに腰の丸みだけでそれが出来てしまっているような方は後縦靭帯に問題があるので、将来、様々な障害に悩まされる可能性があるので注意する必要があります。

柔軟性向上を目的とした体前屈の必要性の有無

立位体前屈

立位体前屈

それでは体前屈を行うことに全く意味がないのでしょうか?
体前屈はもともと脊柱起立筋、大臀筋、ハムストリングス、カーフといった筋肉の複合ストレッチの一種です。
体前屈でもよっぽど上手く実施すればそれぞれの個別の筋肉を伸ばす良いストレッチになるかもしれませんが、現実的には少々難しいと思います。
そこで、あくまでも体前屈は筋や関節の問題個所を調べる静的検査法(スタティックパルペーション)として用いるにとどまり、脊柱起立筋、ハムストリングスなどの筋肉をストレッチ(柔軟性向上)することを目的とするのならばそれぞれ個別のストレッチを行った方が良いと思います。

例えば左記の写真のようになってしまっている方はどうやら骨盤が後傾しているようなので臀部やハムストリングス(大腿部の後ろ)をストレッチするようにし、また、大腿部と下腿部のラインが斜めになってることからカーフ(ふくらはぎ)も固いと予想できるので腓腹筋もストレッチした方が良いと思います。

 

関連記事

  1. 足のむくみ
  2. 安全性に問題があるストレッチング 2
  3. 有酸素運動の運動処方
  4. アミノ酸とその役割
  5. 肥満と体脂肪率
  6. 生活習慣病とは
  7. 肩関節周囲炎の症状と原因 その3
  8. 健康的な減量法

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。

KindleBookになりました。

運営者情報

当サイトの編集長の佐藤です。
フィットネスクラブ、体育施設、大学などでトレーナーとして18年間活動してましたが、約8年前に現在の会社に就職し、現在は都内にある接骨院でカイロプラクターとして働いています。
PAGE TOP