フィットネスかわら版

アルコールと運動

お酒の主成分である『アルコール』は1gにつき約7kcal(キロカロリー)の熱量を有しています。アルコールはエネルギー源であると同時に様々な組織、器官に影響を及ぼす薬物でもあります。
トレーニング施設の注意事項の一つに『酒気を帯びている方の利用はできません』などと書かれているポスターを良く見かけますが、これは生理学的に根拠があってのことです。

もし、この忠告を守らないと、どんなことになるのかということを今回のかわら版で取り上げたいと思います。
未だに、『運動前にアルコールを飲むことは競技の能力を向上させるのに有効である』と信じている人は多いようです。
勿論、アルコールが役立つことはないのですが、なぜかこの考えは深く根付いています。
おそらく、アルコールは中枢神経系に作用して、行為や感情の抑制を外し、大胆な振る舞いをさせたり、自信を高め、あるいは頭が冴える感じを与えてくれるため、メンタルな面への効果を介してパフォーマンスの向上に有効ではないかと思っているのかもしれません。
では、飲酒直後に運動を行うと我々の身体にどのような悪影響があるのでしょうか?
アルコールは飲酒すると、消化管からすみやかに吸収され、飲酒30分後には80~90%が体内に取り込まれます。
しかし、エネルギーになる速度は遅く、体重60kgの人で1時間に6~12g程度、すなわち40~80kcal分にしかすぎません。
もっとも個人差があるのですが、いずれにせよ非効率的なエネルギーであることには間違いありません。
その上、炭水化物などに比べて吸収する際の酸素需要量が多くなるので心臓への負担度も高くなります。これらのことから運動前の飲酒は『飲酒量の割にはエネルギー需要効率が低く、更に最大酸素摂取量、筋持久力などの運動能力を著しく低下させ、その上、身体(心臓・肺など)に大きなダメージを与える行為』になるといえます。
このことは事実ACSM(アメリカスポーツ医学会)でも『運動前にアルコールを飲むことは競技の向上に役立たないばかりか、むしろそれを妨害する』とはっきり言明しています。
更にアルコールが身体に及ぼす作用をいくつか取り上げたいと思います。
アルコールの働きの1つに利尿作用があります。
アルコールを飲むとオシッコをしたくなるというのはこのことが影響しています。
利尿作用が働くと体内の水分量の損失を促すことになるので発汗が著しくなります。
ランニング、サッカー、テニスなど野外で行うスポーツでは更に作用が高まります。
体内水分量を多量に失うと脱水症状を引き起こす可能性が高くなります。
更に水分量が減ってしまうと血液の粘性が高まるので血液循環が悪くなり、最悪の場合、死にいたることもあります。
また、アルコールには感覚を麻痺させる働きがあります。
痛みに対しての感覚が鈍るので、冷たい空気の中で運動をするときは非常に危険です。
凍傷の初期の兆候である『激痛』『焼けるような感覚』を感じとることができにくくなるので、結果として皮膚の組織が重度の損傷を受けてしまうことがあるのです。

プラスミンとは?

アルコールを摂取すると肝臓機能が低下するということはご存知の方も多いと思います。
肝臓機能が低下することによって身体に様々な影響を与えるのですが、今回は『肝機能とプラスミンの関係』について話を進めて行きたいと思います。
『プラスミン』と聞いてなにか聞き覚えがあると思った方は多いのではないでしょうか?
そうです、タレントのO・Yが歯磨き粉のCM(平成13年度10月10日現在はたまに見かける程度ですが...)をしているときに出てくるあの言葉です。
CMの中でもO・Yがしきりにいっていますが、『プラスミン』は増えてしまうと出血を引き起こす作用があるのです。
線維素溶解能(せんいそようかいのう)といい、プラスミン(分解酵素の一種)が線維素の膜を溶かすという現象があります。
肝硬変の患者の場合は特に典型的なのですが、例えばじっとしている状態で血液を採取し、それを線維素の膜にかけると、急速に線維素の膜を溶かしてしまうのです。
どうして溶けるかというと血液中にプラスミンが存在するからです。

肝機能とプラスミンの関係

肝臓機能に何の問題のない健常者であっても血液を線維素の膜にかけると線維素は溶けることは溶けるのですが、その溶ける速度は通常13時間くらいといわれています。
運動後、プラスミンが活性している血液であっても6~7時間くらいです。(一般に運動を行うと動脈硬化などを予防するのに効果的だといわれるのはこのためです)。
しかし、肝硬変になってしまった非健常者の血液を線維素の膜にかけると線維素はとてつもなく早く溶けてしまいます。
運動後、3分ほどしてから採血し、その血液を線維素にかけると30分で完全に溶けてなくなってしまうのです。
こうしたことから肝臓機能に障害のある人の運動は細心の注意を払わなくてはならないといわれています。
なぜなら、線維素が巻き込まれたアテローム変性(脂肪が水垢のように溜まったところ)を溶かすだけでなく、血管そのものを溶かしてしまったり、腸に穴を開けてしまったり、関節に血が出てきてしまったりと様々な症状を発症してしまうからです。
宿酔の場合はそこまで肝機能が低下してるとは思えませんが、肝臓機能は少なからず低下しているのはたしかなのですから身体にダメージを与えていることは容易に想像できます。
いずれにしても飲酒した後の運動は避けるべきでしょう。

関連記事

  1. 腹筋運動を極める
  2. 足のむくみ
  3. 生理的限界と心理的限界
  4. 柔軟性向上を目的とした体前屈の必要性の有無
  5. 肩関節周囲炎の症状と原因 その3
  6. 身体組成と体脂肪率の正しい測定法
  7. 安全性に問題のある筋力トレーニング 1
  8. 安全性に問題があるストレッチング 2

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。

運営者情報

当サイトの編集長の佐藤です。
フィットネスクラブ、体育施設、大学などでトレーナーとして18年間活動してましたが、約8年前に現在の会社に就職し、現在は都内にある接骨院でカイロプラクターとして働いています。
PAGE TOP