フィットネスQ&A

近頃、上腕二頭筋のトレーニングを頑張っても、次の日に筋肉痛になったことがありません。トレーニングの頑張りが足りないのでしょうか?

q近頃、上腕二頭筋のトレーニングを頑張っても、次の日に筋肉痛になったことがありません。トレーニングの頑張りが足りないのでしょうか?

a4トレーニングを行う筋肉群によっても回復の速さは異なります。
超回復という現象をご存知でしょうか?ウエイトトレーニングによって筋肉が疲労を起こし、一時的に筋力の水準が低下します。
しかしその後、休息を取ることにより筋力の水準はもとのレベルにまで徐々に回復し、ついにはもとのレベル以上に回復するという現象です。(おおざっぱに説明すると)
文献などによっても異なりますが、超回復は約48~72時間かかるといわれています。
約48~72時間というのは平均的な回復日数であり、本来、鍛える筋肉によってもまちまちです。
例えば、大胸筋、広背筋、大腿四頭筋などは約72時間、上腕二頭筋などは48時間、腹直筋、前腕筋群、ヒラメ筋などは24時間、脊柱起立筋は96時間はかかるとされています。
なぜ、回復日数が異なるかというのは、筋肉の性質や大きさ、日常生活での使われ方が異なるからです。
一般的に小さい筋肉は疲労も早いのですが、回復も早く、また疲労してから回復するまでの時間自体に非常にトレーナビリティがあり、最初は回復するのに時間がかかったのに、トレーニングをつむにつれ、どんどん回復までの時間短縮していくという性質があります。
思うに今、上腕二頭筋はこのような状態になっているのではないでしょうか?
もし、今後、上腕二頭筋に高い刺激を加えたいのであれば、トレーニングの種目や使用重量などに変化を与える必要があるのではないでしょうか?
このことは上腕二頭筋だけでなく全ての筋肉にも同じことが言えます。

関連記事

  1. 寝ても寝ても疲れがとれないのはなぜ?
  2. リフティングベルトを使いすぎてはいけないといわれたのですが、実際…
  3. ストラップってどんな目的で使用するのですか?
  4. 筋肉が痙攣してしまう原因は何なんですか?
  5. 筋肉痛が翌日に起こる場合、あるいは2日後に起こる場合というように…
  6. メタボなお腹を引っ込めるにはどうしたら良いですか?
  7. EMS(Electrical Muscle Stimulatio…
  8. ダイエット中の食事はどうすれば良いですか?

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。

KindleBookになりました。

運営者情報

当サイトの編集長の佐藤です。
フィットネスクラブ、体育施設、大学などでトレーナーとして18年間活動してましたが、約8年前に現在の会社に就職し、現在は都内にある接骨院でカイロプラクターとして働いています。
PAGE TOP