フィットネスQ&A

ピリオダイゼーションって何ですか?

qピリオダイゼーションって何ですか?

a4ピリオダイーゼション(ペリオダイゼーションということもある)というのは一年を通じ、運動強度に強弱のリズムをつけてトレーニングを行う方法のことです。
ピリオダイゼーションの内訳として、準備期、鍛錬期、試合期、移行期などがあります。(専門書によっても少々異なります)

①準備期
全面的な体力向上を重視します。トレーニングにおいてはトレーニング強度を比較的弱く、トレーニング量を多めに行います。
この時期は自分の体力的レベルを知覚する必要があるので、各体力要素の測定を行う必要があります。
また、トレーニングについての知的理解度を高める努力も必要です。
②鍛錬期
この期間はトレーニング強度を高めに行います。
しかし、段階が進むとともに量を少なくしなければなりません。つまり、強度を上げるにしたがい、反比例して運動量を下げて行くということです。
さもないと、オーバーワークに陥りやすく、また怪我をする可能性が高くなってしまいます。
また、鍛錬期は更に筋肥大段階、筋力強化段階、パワー強化段階の3段階に分類できます。

(1) 筋肥大段階
重量は8~12RM、レップ数は8~12回。トレーニング量は多めに行います。
(2) 筋力強化段階
重量は5~6RM、レップス数は5~6回。トレーニング量は中程度にします。
(3) パワー強化段階
重量は2~4RM、レップス数は2~4回。トレーニング量は少なめに行います。

③試合期
トレーニングの成果を安定して維持する期間です。トレーニングにおいてはスキルトレーニングを重視する必要があります。
また、試合にのぞむにあたっての態度や、意志力の高揚と安定を図る大切な時期でもあります。
④移行期
積極的回復(トレーニングの中断ではなく、心身のストレスが解放できる程度の負荷でトレーニングする)を目的とする期間のことです。
次のシーズンに向けての調整期間と思えば良いでしょう。

関連記事

  1. NSCAに受かろうと思って勉強をはじめましたが、運動処方でわから…
  2. キネシオロジーってなんですか?
  3. フォーストレップスってなんですか?
  4. 筋肉痛はなぜ起こるのですか?
  5. ウエイト・トレーニングを行うとき、どうしても使う筋肉を意識するこ…
  6. 背中のトレーニングを行うと、背中ではなく、腕の方に刺激が逃げてし…
  7. 腰痛体操の行い方について教えてください。
  8. 膝に水が溜まるってどんな状態なんですか?

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。

KindleBookになりました。

運営者情報

当サイトの編集長の佐藤です。
フィットネスクラブ、体育施設、大学などでトレーナーとして18年間活動してましたが、約8年前に現在の会社に就職し、現在は都内にある接骨院でカイロプラクターとして働いています。
PAGE TOP