フィットネスQ&A

ストレッチ(スタテック)を行うときの秘訣を教えてください。

qストレッチ(スタテック)を行うときの秘訣を教えてください。

a4ストレッチを行う上でいくつか考慮しなければならない点があります。以下にポイントをまとめたいと思います。

① 反動をつけずに行うこと
静かにゆっくりと、スタティック(Static:静的)に行い、筋や腱に程よい緊張が感じられたところで、動作を止めて、そのままの姿勢を10~15秒間保持し続けるというやり方をします。
② 段階的に行うこと
はじめに10~15秒間姿勢を保持できたら、筋や腱を休めるために一度姿勢をほぐし、次にまた20~25秒間姿勢保持を行い、さらにまた30~35秒間これを行うという具合に、段階的に時問や強度を増してゆくのが、ストレッチングの好ましいやり方です。
いきなり強い負担をかけるやり方をすると、かえって筋や腱を痛めることがあります。
③ オーバー・ストレッチングをしないこと
筋や健は、ある程度緊張が感じられるまでストレッチしないと、ストレッチ効果が生じませんが、痛いのを我慢して無理にストレッチすることは禁物です。
無理にストレッチすることを『オーバー・ストレッチング(OverStretching:過伸展)』と呼び、逆効果であるばかりか、筋や健を痛めることがあります。
強過ぎず弱過ぎず、加減をしながら行うことが大切です。
④ 自己のペ一スで行うこと
身体の柔軟性には個人差があります。
同一個人でも、日によって柔軟度が異なることもあります。
また、身体の部分によって、柔軟な関節とそうでない関節がある場合もあります。同じ関節でも、曲げたり捻ったりし易い方向としにくい方向があることもあります。
ストレッチングは、他人と競争して行ってはいけません。
マイペースで行うことが大切です。
前回はあそこまでできたから、今回はここまでできるはずだとか、左側はあそこまでいったから、右側も同様にいくはずだというふうに、自分自身と競うこともやはりいけません。
常に、その時々の筋や腱の状態に合わせて、適度で無理をしないで行うことが効果を上げるための秘訣です。

それ以外にも、体を温めてから行うこと、伸ばしている部位を意識しながら行うこと、呼吸を止めないことなどがあります。
ストレッチングは、リラックスをして行うことが大切です。
呼吸を止めたり、歯を食いしばったりして行ってはいけません。
ごく普通に呼吸ができる範囲内でストレッチを行ってください。

関連記事

  1. 運動直前の食事はよくないといいますが、どのくらい前に食べればいい…
  2. 運動中の水分の取り方について教えてください
  3. 心理的限界と生理的限界ってなんですか?
  4. 筋肉痛が激しいときでも筋トレは行うべきでしょうか?
  5. 毎日頑張ってトレーニングしてるのですが、二の腕の内側と下半身がな…
  6. NSCAに受かろうと思って勉強をはじめましたが、運動処方でわから…
  7. バルクアップ種目と、筋肉の仕上げ用に使われる種目とではバルクアッ…
  8. 有酸素運動の前後に体脂肪を測ったのですが、有酸素運動の前では約2…

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。

KindleBookになりました。

運営者情報

当サイトの編集長の佐藤です。
フィットネスクラブ、体育施設、大学などでトレーナーとして18年間活動してましたが、約8年前に現在の会社に就職し、現在は都内にある接骨院でカイロプラクターとして働いています。
PAGE TOP