フィットネスQ&A

野球やテニスをやっているような肩をよく使うような人たちは具体的にどの筋肉を鍛える必要があるのですか?

q野球やテニスをやっているような肩をよく使うような人たちは具体的にどの筋肉を鍛える必要があるのですか?

a4大きくはインナーマッスルとアウターマッスルを鍛える必要があります。
インナーマッスルとは深層部にある筋肉のことです。
肩関節のインナーマッスルはローテーターカフ(回旋筋腱板)と呼ばれ、肩甲下筋、棘上筋、棘下筋、小円筋などがあります。ローテーターカフは上腕骨骨頭の安定性保持や、肩関節の回旋運動の役割を果たしています。
ローテーターカフは野球のピッチャーのように投球動作、投擲動作があるスポーツ選手は肩関節の障害を防ぐためにも日頃から強化しなければならない部位です。

●肩甲下筋
●棘上筋
●棘下筋
●小円筋

一方、アウターマッスルとは表層部にある筋肉のことです。一般に肩の強さとはこの筋肉の力強さを指します。肩関節周辺のアウターマッスルには三角筋、僧帽筋があります。しかし、真の意味での『肩の強さ』とは肩の筋力が強いというだけではなく肩を繰り返し使用しても故障しないということです。

●三角筋

これらの筋肉を鍛えるエクササイズとしては

●スタンディング・プレス
●ショルダー・シュラッグ
●アップライトローイング
●インターナル・ローテーション
●エクスターナル・ローテーション

などがあげられます。

関連記事

  1. ダイエット中の間食はどうすれば良いのでしょうか?
  2. ダイエットしても体重があまり減りません。
  3. ピリオダイゼーションって何ですか?
  4. バランスがうまく保てないのですが、どうしてでしょうか?
  5. 腰痛の慢性障害と中年男性(少し太りぎみ、座位の姿勢が多い仕事をし…
  6. スポーツ心臓とはなんですか?
  7. 夜に食事をするときには、どんなことに気をつければ良いのでしょうか…
  8. 握力を鍛えたいのですがどうすれば良いのでしょうか?

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。

KindleBookになりました。

運営者情報

当サイトの編集長の佐藤です。
フィットネスクラブ、体育施設、大学などでトレーナーとして18年間活動してましたが、約8年前に現在の会社に就職し、現在は都内にある接骨院でカイロプラクターとして働いています。
PAGE TOP