フィットネスかわら版

ハイアーチ(凹足)-足の裏の痛みについて

ハイアーチ(凹足)とは足の甲が極端に高く、立位の時には土踏まずの部分が地面に接していない状態をいいます。
足の甲が高く、盛り上がってることから甲高(こうだか)と呼ばれることもあります。
足の裏には内側縦足弓(ないそくじゅうそくきゅう)、外側縦足弓(がいそくじゅうそくきゅう)、横足弓(おうそくきゅう)と呼ばれる3つのアーチがあり、これらが足が地面に着地する際にスプリングの役目を果たし、身体に加わる衝撃を和らげる働きをします。

ハイアーチになるとアーチのスプリング機能の働きが悪くなり、足の裏が本来もつ能力(衝撃吸収や力の分散)がうまく発揮できなくなり、やがて下記のような様々な症状が現れるようになります。

ハイアーチによる主な症状

① 体の重みを支えるのが踵や親指と小指の付け根の点で支えることになるので、前足部や踵に大きなタコや角質ができる。
② 足底筋膜炎(そくていきんまくえん)や踵骨棘(しょうこつきょく)が生じて痛みが伴うようになる。

※ 「足底筋膜炎」とは足の裏に薄い膜のように張った腱膜が炎症を起こしたり、断裂を起こしたりするもので、朝起きたときにもっとも痛むのが特徴です
※ 「骨棘」とは骨にできる突起のことで、通常、正常な骨には見られません。踵骨棘(しょうこつきょく)は踵の骨の足底側にで出来るとげ状の突起のことです。

足底筋膜炎

③ 足裏の足底筋が縮んだままなのでスプリングのようなしなりに欠け、前足部と踵への負担が大きいのでふくらはぎや足の裏が疲れやすく、よくつるようになります。
④ 地衝撃がうまく吸収できないので、足裏だけでなく、膝や腰にも負担がかかりやすくなります。

ハイアーチになる原因

神経の麻痺や筋ジストロフィーが原因で起こるものと、アンバランスな筋肉の使い方を長期に渡り続けたことが原因になるものとがあります。(今回のかわら版では神経や遺伝によるハイアーチについては説明は割愛します。)
アンバランスな筋肉の使い方、なかでもハイヒールなど、踵(かかと)が高い靴を履き続けたことが直接の原因になることが多いようです。
つま先立ちの状態が長期間続いたため(ヒールの高い靴を履き続けたことにより)に下腿部前面(前脛骨筋)と足底筋群(足の裏の筋肉)の釣り合いが取れなくなり、徐々に足の歪みが起こり、ハイアーチへと進行していきます。
一度、ハイアーチになるとスニーカーなどのヒールのない靴よりもヒールの高い靴を履いていた方が楽なので好んでヒールの高い靴を履くようになります。こうなると更に足の歪みが進行してしまい、重度のハイアーチになることもあります。

※ 前脛骨筋: 脛骨外側面・下腿骨間膜から始まり内側楔状骨・第1中足骨底底面に終わる筋肉でスネの横外側の筋肉をいいます。

ハイアーチの予防・改善策

ハイアーチになると長腓骨筋、短腓骨筋が弱化し、前脛骨筋と足底筋群が過剰緊張するようになります。
つまり、ハイアーチを予防改善するにはこれらが起こらないようにすれば良いのです。
足の裏の運動はもちろんのこと、足の指の運動を行うこともとても重要です。
具体的な運動方法は下記を参照してください。

※ 長腓骨筋: 腓骨頭、腓骨上部の外側面・脛骨の外側顆(起始)
第一楔状骨、第一中足骨底部(停止)
※ 短腓骨筋: 腓骨の外側面(起始)
第五中足骨粗面(停止)

長腓骨筋、短腓骨筋の筋トレ

① セラバンドを上記の写真のように足に巻きつけ赤色の矢印の方向にできるだけつま先を外側に開いて行きます。
② 十分につま先を開いたら、ゆっくりとつま先を内側に閉じながら開始姿勢に戻ります。

ハイアーチ予防エクササイズ

その他の予防・改善策

① まず必ずといっていいほど出来ているたこや魚の目を取り除くこと。
② 正しい歩き方をするように心掛けましょう。かかとが地面に接触したら足の裏全体をつけるような感じで体重移動させ、拇指で地面を蹴るように意識します。
③ 必要に応じ、一人一人に合った足形を取り中敷きを作ります。靴での圧迫部分を保護して痛みを軽減させることも大切です。

重度のハイアーチになると場合よっては足の底の腱膜や中足骨を切るなどの外科的手術治療が必要になる場合があります。
こうならようにするために早めにケアしておくことをお勧めします。

関連記事

  1. 腹筋運動を極める
  2. 正しい目標体重の求め方
  3. 柔軟性向上を目的とした体前屈の必要性の有無
  4. 安全性に問題のある筋力トレーニング 1
  5. 汗と水
  6. 生活習慣病とは
  7. 腰痛を解消するには腰を反らすことで症状を改善!?
  8. アルコールと運動

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。

KindleBookになりました。

運営者情報

当サイトの編集長の佐藤です。
フィットネスクラブ、体育施設、大学などでトレーナーとして18年間活動してましたが、約8年前に現在の会社に就職し、現在は都内にある接骨院でカイロプラクターとして働いています。
PAGE TOP