フィットネスかわら版

肩関節周囲炎の症状と原因 その1

四十肩・五十肩とは文字通り40代、50代前後の方に多くみられる症状で『手を真横に挙げるような動作』をしたり、『結帯動作(帯を結ぶような動作)』、『結髪動作(髪を結ぶような動作)』などで肩先あたりに強い痛みがでるのが特徴です。
今日では病態のはっきりした疾患(インピンジメント症候群、石灰沈着性腱炎、腱板断裂、上腕二頭筋長頭腱断裂)を総称して『肩関節周囲炎』と呼び、それ以外を(つまり、はっきりとした原因が見当たらないのに先のような症状が出てしまう)四十肩、五十肩と呼んでいます。

四十肩、五十肩は疫学的には全人口の5%が罹患(りかん)すると言われており、男性より女性の方が発症率が高いといわれています。
また、発症は利き手の反対側に生じることが多く、両肩同時に発症するケースは極めてまれです。
一度、発症した後に逆側の肩が痛くなる罹患(りかん)は30~40%もあると言われています。(勿論、痛めた肩の同側側がまた痛くなることもあります。)

四十肩・五十肩

先にも述べたとおり四十肩、五十肩は痛みの原因が未だに解明されておらず、病態についてもはっきり解明されていません。
諸説ありますが、外傷や血流障害をきっかけに老化を基盤とした関節包の軽度の炎症が自己免疫反応を引き起こして発症するというのが現在、一番有力な説です。

以下は四十肩、五十肩以外で痛みの原因がはっきりしている肩の症状です。(肩関節周囲炎のこと)

インピンジメント症候群

いわゆる肩関節は上腕骨と肩甲骨との間にあります。
上腕骨の骨頭部分が肩甲骨の関節窩と呼ばれる『みぞ』にはまっているのですが、肩甲骨の関節窩は非常に浅いために動きに対する制限が少ない反面、不安定でずれやすく、脱臼を始めとする障害を起こしやすい部分でもあります。

肩関節の構造

肩関節の構造

この肩関節の安定性を保つためには『肩関節の安定性を』保つ働きを果たしている筋肉群、ローテーターカフを鍛える必要があります。(ローテーターカフとは棘下筋、小円筋、肩甲下筋など、肩関節の安定性を高めている筋肉群の総称です)
ローテーターカフが弱くなると肩関節の安定性が保てなくなります。
その結果、上腕骨骨頭が上方向にずれるようになり、棘上筋腱(きょくじょうきんけん)が二つの硬い骨にはさまれて摩擦が生じ、炎症を引き起こすようになります。
この障害は一般的に『インピンジメント症候群』と呼ばれています。

食石灰沈着性腱炎

一般に石灰沈着性腱炎は40~50歳代の女性に多くみられます。肩腱板内に沈着したリン酸カルシウム結晶によって急性の炎症が生じる事によって起こる肩の疼痛・運動制限です。
この石灰は、当初は濃厚なミルク状で、時間が経つにつれ肩関節付近で石膏(せっこう)状へと硬く変化していきます。石灰がどんどんたまって膨らんでくると痛みが増し、肩を動かすことが出来なくなります。そして、腱板から滑液包内に破れ出る時に激痛となります。
石灰沈着性腱炎と先に紹介したインピンジメント症候群の判別は一見難しいですがレントゲンを撮ればどちらの症状で痛みが出ているのかがはっきりします。(※石灰沈着性腱炎の場合は発生場所がレントゲンに白く写ります。)

回旋筋腱板断裂

回旋筋腱板はローテーター・カフともいい、肩甲下筋、棘上筋、棘下筋、小円筋の総称です。回旋筋腱板の断裂は明らかな外傷で発症してしまうこともありますが、そのほとんどが先に述べた『インピンジメント症候群』がきっかけになってしまうことが多いようです。
インピンジメント症候群により棘上筋腱に亀裂が生じ、最終的に腱板が断裂してしまうのです。

上腕二頭筋長頭腱炎

上腕ニ頭筋長頭腱炎の主な原因は、加齢による筋力低下、運動前のストレッチ不足、そして筋肉の酷使が原因となることが多いようです。好発年齢は、30才から50才代の男性に多い傾向にあります。
また、ウエイトトレーニングの実施方法を誤っても長頭腱炎が発症することもあります。特に『インクラインカール』『バーベルベンチプレス』 などの種目では痛めやすく、インクラインカールを行うときにインクラインベンチの角度を低くくしすぎたり、バーバルベンチプレスを行うときに肩甲骨の寄せが甘かったりすると炎症にとどまらず、長頭そのものに負荷がかかりすぎ腱が切れてしまうことがあります。それを上腕二頭筋長頭腱断裂といいます。
症状は腕を挙上するときの運動痛と上腕二頭筋の長頭腱が走行している結節間溝部の圧痛が特徴です。また、夜間に痛みが増すこともあります。

四十肩、インピンジメント症候群、石灰沈着性腱炎であれ肩の痛みの急性期には炎症が伴うので基本的にはRICE処置を試みます。(※炎症の五大徴候は機能障害、熱感、腫脹、発赤、疼痛です)
RICE処置とはREST(安静)、ICING(冷却)、COMPRESSION(圧迫)、ELEVATION(拳上)の頭文字をとったものです。

急性期が収まったら徐々にコッドマン(またはアイロン)体操と呼ばれる運動を用いてロハビリを行う必要があります。(具体的な方法については次回、解説したいと思います。)
この時期に気を付けなければならないのは『無暗に動かさない』ことです。
特に下の写真のような肩をグリグリ動かす動作は禁忌です。

肩を痛める行為

肩を痛める行為

先にも述べたとおり肩関節周囲炎は棘上筋腱が肩峰と上腕骨の骨頭部分で挟まったことで発症することが多いので写真のような動作を行うことは傷口に塩を塗るような行為と同じです。

関連記事

  1. 身体組成と体脂肪率の正しい測定法
  2. ストレスと有酸素運動
  3. ちまたにあふれる減量法のウソ
  4. 汗と水
  5. 漸進性の原則
  6. 腹筋運動を極める
  7. 有酸素運動の運動処方
  8. 運動と風邪の関係

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。

KindleBookになりました。

運営者情報

当サイトの編集長の佐藤です。
フィットネスクラブ、体育施設、大学などでトレーナーとして18年間活動してましたが、約8年前に現在の会社に就職し、現在は都内にある接骨院でカイロプラクターとして働いています。
PAGE TOP