• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

世間ではプロテイン=サプリメントと誤って認識してしまっている人が多いようです。
プロテインは英語で、日本語ではたんぱく質と訳されています。
一方、サプリメントは日本語では栄養補助食品と訳されています。

つまり、プロテイン=サプリメントというのは、たんぱく質=栄養補助食品という意味になってしまうので、このように理解している方は誤った認識をしてしまっているといえます。

更にプロテイン=粉末状のもの(または、タブレット、ゼリー、ジュース)と認識している方も多いようですがこれも誤った認識といえます。
先にも述べたようにプロテインはたんぱく質という意味があります。
つまり、肉、魚、大豆、卵などに含まれているたんぱく質もプロテインなのです。粉末状のものというのはプロテインの一つの形にしかすぎないのです。
たんぱく質は人体では筋肉の材料となります。
この他にも髪の毛や爪、血液の材料にもなります。
これらの組織を正常に保つためにはたんぱく質は欠かすことのできない栄養素なのです。
最近、筋肉がやせ衰えてきた、髪の毛が痛んできたなどの症状が表れてきてしまった方はたんぱく質の摂取不足を疑った方が良いのではないでしょうか?

様々なタイプのプロテイン

たんぱく質は肉、魚、卵、大豆などといった食物を摂取することによって体内に取り込むことができます。
しかし、『普段の食事では必要量を充分に補うことができない』でいる方が大勢いるのが現状のようです。
それを補うのがサプリメント(栄養補助食品)としてのプロテイン(パウダー、タブレット、ゼリー、ジュースなども含む)なのです。

注)以下、あえてプロテイン・パウダーをプロテインと呼称します。

プロテインは牛乳、大豆、小麦、卵などが主な原材料です。
昔はプロテインというと大豆プロテインが主流でしたが現在は乳性プロテインが主流のようです。
この乳性プロテインは更にホエイとガゼインの2種類のプロテインに分けられます。
ヨーグルトの上澄み、ホットミルクの膜にあたる部分がホエイで、下に沈殿しているがガゼインです。(乳成分中、20%がホエイで80%がガゼインです)
中でも注目を浴びているのがホエイプロテインです。
なぜ、ホエイプロテインが注目を浴びているかというとホエイはガゼインに比べてBCAA(Branched Chain Amino Acids)が多く含まれているからです。

※BCAA(分岐鎖アミノ酸)はエネルギー代謝、筋力アップ、脳内疲労予防などに関わる必須アミノ酸です
※構造上の類似点からバリン・ロイシン・イソロイシンの3種類を総称してBCAAと呼びます。

更にプロテインはその成分と割合によって大きく3種類に大別することができます。

  1. たんぱく質メインタイプ
  2. 糖質メインタイプ
  3. ①、②の中間タイプ

①たんぱく質メインタイプはたんぱく質の含有量が80%を越えるプロテインのことです。
筋力アップ、ビルドアップを目指す方はたんぱく質の必要量が多くなるのでこのタイプを選ぶと良いと思います。
②糖質メインタイプはたんぱく質の割合よりも糖質の割合がとても高いプロテインです。
食が細かったり、とにかく体重を増やしたいという方はこのタイプを選ぶと良いでしょう。
③①、②の中間タイプはたんぱく質と糖質の割合が半分ずつというプロテインです。
トレーニングを始めて間もない方やお年寄りや子供にお勧めのプロテインです。

これら、どのプロテインでもいえることなのですがプロテインにはグルタミンと呼ばれる物質が非常に多く含まれているのです。
グルタミンはアミノ酸の一種で、筋肉の分解を抑えたり、免疫機能に大きく関与しています。(グルタミンは骨格筋中に貯蔵されているアミノ酸の約60%を占めているといわれています)
つまり、グルタミンが不足すると筋肉が萎縮してしまったり、風邪を引きやすくなったりしてしまうのです。
勿論、グルタミンは普段の食事からもある程度は摂取することはできるのですが、調理の際、熱を加えると変性してしまうので食事だけでは充分に体内に取り込むことは難しいようです。
更に特筆したいのはプロテインには脂肪の含有量が少ないという点です。
通常、食物からたんぱく質を摂取する場合、同時に大量の脂質も摂取してしまいます。
その点、プロテインは大量に摂取したとしても脂肪の摂取量は極めて少なくてすむのです。

プロテインの必要量

一日に必要なたんぱく質の量は男女ともに体重1kgあたり1.08gといわれています。(運動量が多い人やビルドアップを目指している方は(最低でも)体重1kgあたり2gは摂取しなければなりません)
つまり、体重60kgの方では一日に64.8gのたんぱく質を摂取しなければならないのです。
もし、これだけのたんぱく質を食事で補うことができないのであれば、プロテインで補ってやる必要があるのです。
ひょっとしたらみなさんの中にはたんぱく質を全てプロテインで補なおうと考えている方がいるかもしれません。
しかし、そのような考えは好ましことではありません。
食べ物を摂取してそれをたんぱく質、アミノ酸まで分解し、そしてもう一度たんぱく質に変換するまでが本来あるべき形だからです。
サプリメントはあくまでも栄養補助食品であることを忘れてはいけません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

運営者情報


当サイトの編集長の佐藤伸一(さとうしんいち)です。
フィットネスクラブ、体育施設、大学などでトレーナーとして18年間活動してましたが、約10年前にカイロプラクターとして第二の人生を歩み出しました。
そして2016年4月に第三の人生を歩み出しました。

ページ上部へ戻る