フィットネスかわら版

ダイエットを成功させるキーワード!食べる順番ダイエット

ダイエットをしている方が犯してしまいがちな間違いとして『むやみに摂取カロリーを抑え、タンパク質や炭水化物の摂取量を抑える』というのがあげられます。
この方法は間違っている訳ではありませんが、タンパク質も炭水化物(糖質)も私達の身体にとっては非常に重要な栄養素なので極端に摂取を抑えることはあまり好ましいことではありません。

タンパク質は筋肉を付けるために必要な栄養素であり、その他にも内臓、骨、脳、血液、毛髪などの形成にも関与してます。
もし、摂取量が少なくなってしまうと筋肉量を維持することができなくなってしまうばかりか、基礎代謝量も低下してしまいます。(結果的にかえって太りやすい体質になってしまいます)
一方、炭水化物(糖質)は身体を動かすためのエネルギー源であると同時に、脂肪を燃焼させるための焚き付け役も果たしています。
また、炭水化物は脳が働くときにも関与するのでこれもまた最低限摂取する必要があります。
このようにダイエットをしたいからといってむやみに炭水化物やタンパク質の摂取量を控えるというのは身体機能を損なうばかりか健康を害する恐れがあるので気を付けなければなりません。
それでは炭水化物やタンパク質の摂取量を落とすことなくダイエットを行うことは可能なのでしょうか?

食べる順番ダイエットとは

実のところダイエットを行う場合、『食べすぎを抑える』というのが一番難しいことなのです。
しかしながら、食事の食べる順番を少し変えるだけで少ない量でも満足感が得られ、且つ、余分なカロリー摂取、脂肪分の摂取を抑えられます。
その方法を『食べる順番ダイエット』といいます。
食べる順番ダイエットとは食事の際に食べる順番を気を付けるだけで余分なカロリー摂取、脂肪分の摂取を抑えられというものです。
即効性のあるダイエット方法ではありませんが、普段の食生活をそのまま続けても、食事の順番を気を付けるだけで健康的に痩せることができるというのが特徴です。

食べる順番ダイエットの行い方

先にも述べたとおり、このダイエットの方法は、『普段の食生活をそのまま続けても、食事の順番を気を付けるだけである程度痩せることができる』というのが最大のメリットです。
それでは具体的にどのような順番で食べていったら良いのでしょうか?

汁物

①お茶や汁物など水分の多いもの

食物繊維

②食物繊維:野菜サラダなど

たんぱく質

③たんぱく質:肉類や魚類

炭水化物

④炭水化物:パン、ご飯、めん類など

上記の順番のように、まずお茶や汁物など水分の多いものから食べ始めます。
水分でお腹を落ち着かせたところで、食物繊維の多いもの(野菜や海藻類)を食べることで、あとからくる炭水化物(糖質)や脂肪をゆっくりと消化・吸収することができるのです。
その次にたんぱく質、炭水化物という順番に食していきます。
一番最後に炭水化物を摂取することで血糖値(血液中の糖分の濃度)の急激な上昇を抑えることができるので、同じ食事量を取ったとしても余分なカロリー摂取、脂肪分の摂取をしなくて済むのです。
このように食べる順番を気を付けるだけで身体に負担をかけることなくダイエットを行うことができるのです。
しかし、残念ながらカロリーを全く気にせず食べて良いというわけではありません。
やはり効率よく痩せるのであれば食べる量を少し減らして且つ食事の順番にも気を付けるというのが一番ベストな食事方法といえます。

関連記事

  1. 肥満と体脂肪率
  2. 安全性に問題があるストレッチング 1
  3. アルコールと運動
  4. 基礎体力の重要性
  5. 肩関節周囲炎の症状と原因 その2
  6. 腰に負担の掛からない腹筋運動の行い方
  7. 肩関節周囲炎の症状と原因 その1
  8. 有酸素運動の運動処方

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。

運営者情報

当サイトの編集長の佐藤です。
フィットネスクラブ、体育施設、大学などでトレーナーとして18年間活動してましたが、約8年前に現在の会社に就職し、現在は都内にある接骨院でカイロプラクターとして働いています。
PAGE TOP