本気でダイエットに取り組むなら下半身の筋トレをやろう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
ダイエット,下半身

運動をこれからしようという方の動機のなかで最も上位に挙げられるのは間違いなく『ダイエット』だと思います。
いうまでもありませんが、ダイエットを成功させるためには脂肪燃焼を促す有酸素運動を行うことは勿論、バランスのとれた食事を心掛けることがとても大切になります。

しかし、今回はウォーキングやランニングなどといった有酸素運動を取り上げるのではなく、『筋トレ』すなわち無酸素運動(以下、ウエイトトレーニング)について取り上げていきたいと思います。

有酸素運動と脂肪の関係について

有酸素運動を行うと体内の筋グリコーゲンや脂肪が使われるのですが、体内の脂肪が実際にエネルギーとして利用されるためには少し時間がかかります。
このため有酸素運動は無酸素運動のように急激な運動では脂肪をエネルギーとして使うことができず、まずは体内に蓄えられた筋グリコーゲンなどを優先して使用します。
一昔前は脂肪を燃焼させるのに有酸素運動を20分以上行わなければならないと言われてきましたが、これは20分以上やらないと脂肪が燃焼されないという意味ではありません。
極端なことをいってしまえば5分程度の有酸素運動でも脂肪は燃焼されるのです。

常に体内の脂肪が使われやすい状態にするためには筋トレは不可欠

先にも述べたように脂肪を消費させるのに最も適した運動は有酸素運動です。
しかし、運動時の脂肪の消費量にはかなり個人差があります。
一般に筋肉量が多い方の方が少ない方に比べると、運動時のエネルギー消費量が多く、また、安静時のエネルギー消費量も高い傾向にあります。
これを決定づけるのは基礎代謝量です。
基礎代謝は人間が生命を維持させるうえで必要最低限のエネルギーのことで一般に筋肉量が多い人の方が比例して基礎代謝量も多いと言われています。
つまり、筋肉量が多い方は有酸素運動時は勿論、何もしていないときでさえ、体内諸活動のために余分にエネルギーがどんどん消費されるのです。
このことを考えると筋肉量の多い方の方がダイエットが容易にできるということがご理解できるかと思います。
このような理由により『有酸素運動』で体内の脂肪を消費させるよりも、筋肉量を増やし、基礎代謝量をあげた方がダイエットは合理的にできると言えます。
日常生活動作の中の消費カロリーや基礎代謝量を引き上げる方法はいくつか存在し、体温を上げることや血行を良くすることもこれに当てはまりますが、それらを満遍なく満たしながら特に大きな効果を期待することができるのが『筋トレ』なのです。

筋トレを行うことでもたらされる様々な効果

先にものべたとおり人間の基礎代謝量は、一般に筋肉量が多い人ほど高い傾向にあります。
つまり、年配者よりは若者の方が、女性より男性の方が、同じ男性でも筋肉量が少ない人よりは筋肉量が多い人の方が基礎代謝量は高い傾向にあります。
単純に筋肉量が増えることにより、その維持のための使われるエネルギー量が増え、それに伴い日常の生活の動作全てで消費されるエネルギーが増加するのです。
筋トレの副次的な効果として、動作そのものの消費エネルギーが増えると、動作が軽くなり、身体が軽快に動かせるようになります。
このことで日常生活や運動そのものへの意欲が向上し、メンタル面の改善も期待することができます。

筋トレの基本は大きい筋肉、特に下半身を優先的に鍛えること

ダイエット,下半身

有酸素運動などで直接エネルギーを消費するのではなく、消費エネルギーの多い身体に作り上げることがダイエットのための筋トレの考え方です。
今回のページでは具体的な筋トレ方法は割愛しますが、基本的に筋トレは上腕部や下腿部といった小さい筋肉を鍛えるのではなく、できるだけ大きい筋肉を優先的に鍛えるように心掛ける必要があります。
人体の筋肉は体重の40%を占めていて、そのうち70%の筋肉が下半身に集中していると言われていることから大腿部を鍛えることはダイエットの観点からいってもとても重要です。
また、大腿部を重点的に鍛えることで基礎代謝量は飛躍的に向上し、更に歩く走るといった日常生活の基本動作や様々なスポーツのパフォーマンスの向上にも繋がっていきます。
このことから筋トレは上半身を中心に行うのではなく下半身を中心にを鍛えるのがベストといえるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

運営者情報


当サイトの編集長の佐藤伸一(さとうしんいち)です。
フィットネスクラブ、体育施設、大学などでトレーナーとして18年間活動してましたが、約10年前にカイロプラクターとして第二の人生を歩み出しました。
そして2016年4月に第三の人生を歩み出しました。

ページ上部へ戻る