カテゴリー:フィットネスかわら版

  • 基礎代謝を上げ、太りにくく痩せやすいカラダをつくろう!

    皆さんは『若い頃はどれだけ食べても太らなかったのに、年齢を重ねるにつれて体重がどんどん増えていってしまうようになった。』(食べる量は変わっていないのに、)…そんな経験はありませんか? それは、主に基礎代謝の低下が原因と…
  • ダイエットを成功させるキーワード!食べる順番ダイエット

    ダイエットをしている方が犯してしまいがちな間違いとして『むやみに摂取カロリーを抑え、タンパク質や炭水化物の摂取量を抑える』というのがあげられます。 この方法は間違っている訳ではありませんが、タンパク質も炭水化物(糖質)…
  • LBMと基礎代謝の関係

    LBM(lean body mass)とは脂肪以外の組織の重さのことです。 つまり筋肉や骨、内臓などの総量のことをいいます。 このLBMは日本語では除脂肪体重と訳されています。 [wc_row] [wc_…
  • 肥満と体脂肪率

    肥満とは体重に対する脂肪の割合が増加しすぎた状態を指し、単に体重が多い、少ないということではありません。体組織(筋肉と脂肪の割合)がどのようになっているのかが問題なのです。 ダイエットブームが続き、専門家による様々なダ…
  • 太りすぎの原因

    太りすぎた原因の1つとして『過食』、つまり食べ過ぎがあげられます。 食べすぎとは、単に量的なものを指すのではなく、自分が日常生活で使用するエネルギー(消費カロリー)以上にエネルギーを摂取(摂取カロリー)した場合のことを…
  • 肩関節周囲炎

    様々な肩関節のトラブルとその症状-肩関節周囲炎-

    これまで『手を真横に挙げる動作』『結帯動作(帯を結ぶような動作)』『結髪動作(髪を結ぶような動作)』などの動きで肩先に強い痛みが出る症状のことを『四十肩・五十肩』と呼んでいました。 [wc_row] [wc_…
  • 肩関節周囲炎

    肩関節痛の発症時期に合わせたリハビリ方法-肩関節周囲炎-

    四十肩・五十肩、或いはその他の肩関節周囲炎(インピンジメント症候群、石灰沈着性腱炎など)であっても、肩関節の急性期の痛みに対しては基本的に『RICE処置』を試みます。 RICE処置とはREST(安静)、ICING(冷却…
  • 肩関節周囲炎

    肩関節のトラブルを防ぐために ローテーターカフを鍛えよう! -肩関節周囲炎-

    肩関節にまつわるトラブルが沈静化し、肩の痛みが日常生活に支障のない程度にまで回復したら、リハビリ法も次の段階に進める必要があります。 肩の安定化を図るには『コッドマン体操』『コノリー体操』や『壁伝い体操』だけでは十分と…
  • 腰に負担の掛からない腹筋運動の行い方

    一昔前の腹筋運動というと股関節、膝関節を真っ直ぐに伸ばしたまま、足首を誰かに抑えてもらって上半身を持ち上げるというものでした。 [wc_row][wc_column size="one-half" position…
  • 腰痛は腰を反らして症状を改善?-マッケンジー体操-

    慢性腰痛を改善するために腹筋を鍛えたり腰部のストレッチを実施する方は多いと思います。 しかし、実施する方の姿勢(骨盤の歪みや傾き)によっては腰痛が更に悪化してしまうことがあります。 例えばフラットバックと呼ばれる”腰…


 

運営者情報


当サイトの編集長の佐藤伸一(さとうしんいち)です。
フィットネスクラブ、体育施設、大学などでトレーナーとして18年間活動してましたが、約10年前にカイロプラクターとして第二の人生を歩み出しました。
そして2016年4月に第三の人生を歩み出しました。

ページ上部へ戻る